menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

40代の女性に多い歯周病!アラフォーからはケアが重要

40代,女性

歯の定期検診に行っていますか?

 

私は最近やっと重い腰を上げて歯石取りに行きました。

 

口臭も気になりだしたり、時々歯がキーンと痛むことがあったので。

 

 

40代の女性は子育て真っ最中で仕事も忙しく、自分のことは後回しになってしまうお母さんが多いですよね。

 

歯も気になるけど、まだそこそこ若いし大丈夫!

 

と根拠のない自信で、ついつい歯医者さんへの足が遠のいてしまいます。

 

また口臭があったり歯の状態が悪すぎて、

 

恥ずかしくて見せられないという方もいます。

 

そんなこんなしているうちに虫歯だと思っていたら

 

歯がぐらぐらし始めた・・・

 

それ!歯周病ですよ!

 

40代に多い歯周病とは?

 

歯と歯肉の間に歯石が付きそこに細菌が入りこみ炎症を起こします。

 

その炎症によって歯周ポケットが深くなり、

 

歯の土台である歯槽骨を溶かしてしまい歯がグラグラと揺れ始めます。

 

そして最終的には歯を抜くことになります。

 

痛みなどの自覚症状がないのが特徴で、

 

歯がぐらついたり歯並びが悪くなってきたことで気づき、

 

その時にはすでに進行した状態であることが多いです。

 

一度歯周病菌に感染すると完全に治すことは難しく、

 

炎症が治まってもは歯茎がもとに戻ることはありません。

 

40代ではなんと8割の人が歯周病にかかっているという調査結果もあります。

 

歯磨きをすると血が出たり

 

歯茎が下がって歯が伸びてきたように見えるなら、歯周病の可能性大です。

 

歯周病による影響

 

口臭を発生させる

40代,女性

歯周病菌は卵の腐ったような強烈な臭いを発生させます。

 

口臭の原因の7割ほどが、歯周菌が原因ともいわれています。

 

糖尿病や動脈硬化のリスクを上げる

 

歯周病菌は歯茎やのどから血液を通して全身に回り、

 

あちこちで悪影響を及ぼします。

 

歯周病菌が関連するものには、糖尿病動脈硬化があります。

 

歯周病を悪化させないためのケア方法

 

歯周病対策には歯科定期検診が大切ですが、

 

検診の間隔は3か月~半年に設定されていることが多いです。

 

その間は自分で歯周病へのケアを続けて行く必要があります。

 

普段の生活の中でできることをご紹介します。

 

正しいブラッシング

 

歯と歯の間にブラシの毛先が入るようにあてて、一か所あたり20回磨きます。

 

また歯ブラシでは落としきれない汚れは、

 

フロスや歯間ブラシを使って隅々までしっかりときれいにします。

 

食生活を見直す

 

寝る前に甘いものを食べたり飲んだりすることが多い人は、

 

歯周病が進みやすいといわれています。

 

また甘いものは歯石をつきやすくします。

 

食生活を見直し、歯周病の原因になるものはなるべく避けたいです。

 

歯周病菌を増やさない

 

口の中の原因菌に減らす効果のあるものを、

 

継続的に摂取することで口腔環境を整えて歯周病菌を減らすことができます。

 

最近では原因菌に作用するタブレットやジェルなど、

 

手軽に摂取できるものがいろいろあります。

 

歯の定期検診

 

自分でケアすることが最も重要なことですが、

 

歯周ポケットの中の歯石を自分で取るのは難しいです。

 

3か月に一度は定期検診にいって専用の器具とプロの手で、

 

しっかりとケアしてもらうと安心です。

 

 

実際に私も定期的に歯科検診を受けるようになって、

 

歯磨き指導の成果もありしっかり磨けるようになりました。

 

最初は染出しするとまっかっかで恥ずかしかったですが・・・

 

定期検診にかかる時間は1時間くらいですし、

 

3~4か月に一度行けばいいのでそんなに負担にはならない頻度だと思います。

 

40代の歯周病の罹患率は8割以上といわれています。

 

歯周病にならないためにも普段のセルフケアが一番重要です。

 

一生自分の歯で食べることができるように、早めの対策をおすすめします。

 

私が劇的に口臭を改善した方法とは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。