menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

足がチーズ臭い!強烈な臭いの原因は意外な場所だった?!

足チーズ臭い

靴を脱いだ時に鼻を付く足の臭い・・・

 

みなさん一度は経験したことがあると思います。

 

自分でも感じるその臭いは周りの人をとても不快な気持ちにしています!

 

足が臭いというと中年のおじさんを思い浮かべがちですが

 

最近では女性や若い人にも足臭い現象が広がっているとか。

 

足がチーズ臭くなる原因

 

靴の中は高温多湿、細菌の居心地のいい条件が揃っています。

 

足汗や爪の垢など細菌が好むエサが多く、細菌が元気に繁殖し臭いを発生させます。

 

その時に発生するのが「イソ吉草酸」という強烈な臭い成分なんですね。

 

この「イソ吉草酸」は納豆が発酵する過程で発生する成分と同じなので

 

足が納豆やチーズのような発酵食品の臭いがするのです。

 

足のチーズ臭を改善する方法

 

臭いのもとになるイソ吉草酸を発生させないためには、

制汗と殺菌がポイントになります。

 

 

定期的な爪の手入れ

 

足のチーズ臭の多くは足の爪から発生していることをお伝えしましたね。

 

足の爪は定期的にお手入れをしましょう

 

爪を切るだけでも中に入り込んだ垢を取り除くことができます。

 

また爪の間に入り込んだ垢をとり、爪の間をブラシでこすります。

 

爪の中の皮膚は薄いので傷がつきやすくすぐ炎症がおきてしまうので

 

やり過ぎには注意が必要です。

 

爪の間はよく洗い流し石鹸を残さないことも大切です。

 

足チーズ臭い

 

足を洗う

 

足に汗がついたままにしておくと殺菌が繁殖し臭いを発生させます

 

その細菌を洗い流すことができれば臭いを解消することが可能になります。

 

普通の石鹸では汚れは落とせても細菌を除去することは期待できません。

 

なので洗ったはずなのに臭うということが起きてしまいます。

 

また肌に優しい弱酸性のボディーソープは洗浄力が弱く

 

保湿成分で足がムレやすくなってしまうので

 

ニオイの気になる方には向きません。

 

殺菌効果の高い薬用石鹸を使用することで臭いのもとからなくすことができます。

 

足汗を抑える

 

足の裏には汗腺が集中しています。

 

また足の指の間には皮脂腺が集まっています。

 

足の裏や指の間に汗をかくとその汗に細菌が繁殖し臭いを発生させます。

 

足汗が出やすいのは体質だったり遺伝だったりするので改善するのは難しいんですね。

 

なので足汗がでるまえに汗を抑え臭いを防ぐことが大切になります。

 

それには汗を抑える制汗作用の高いアイテムがおススメです。

 

クリームやスプレー、パウダータイプなどいろいろなものがあるのですが

 

自分に合ったものをひとつ見つけておくと安心です。

 

私はクリームタイプを使っていますが

 

朝と晩に使用するだけで一日中汗と臭いを抑えることができます。

 

また持ち運びしやすいので外で足汗が気になった時でもさっと使えて便利ですよ。

 

私はこれで足の臭いで悩むことがなくなりました! ⇒ ティノン

 

これから梅雨の時期を迎えると湿気で靴の中もムレやすくなります。

 

今からしっかり臭い対策をしていきましょうね。

 

足の裏が納豆臭い?!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。