歯が茶色く変色している・・・3つの原因と対策 | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯が茶色く変色している・・・3つの原因と対策

鏡をみたら「なんか歯が茶色く変色してるかも・・・」と感じることありませんか?

それは気のせいではないかもしれませんよ。

歯が茶色く変色する原因

虫歯や神経へのダメージ

虫歯が進行すると歯の中の変色が表面からわかるようになります。

また虫歯の治療をして何年か経過していると、かぶせ物が劣化して変色したように見えることもあります。

他にも転んだり歯をぶつけたりして神経がダメージを受けた場合も、歯がだんだんと変色してきます。

生まれつきや年齢

健康な歯でもよく見るとすこし黄ばんだような色に見えます。

これは生まれつきの色なので異常ではありません。

歯の色は人それぞれ違うので、もともと色の濃い歯だと着色したように見えてしまうこともあります。

また歯は加齢とともに自然と茶色く着色していきます。

ステイン

歯につく汚れの原因にはステインがあります。

ステインは食べ物が元になって歯に付着します。

赤ワイン、ぶどう、コーヒー、チョコレート、カレーやミートソースなどはステインの元となり歯に着色しやすくなります。

変色,歯の着色

変色した歯を白くする方法

研磨剤入りの歯磨き粉

水だけで歯磨きしている人は歯が茶色くなります。

歯についた汚れは水だけで落とすことは難しいからです。

研磨剤の入った歯磨き粉を使うことで、歯についた汚れが取れて
変色が改善されることが多いです。

虫歯を治す

虫歯の悪化で歯が茶色くなっているなら、虫歯の治療が必要になります。

虫歯かも?と思っても痛みがないとなかなか治療に踏み切れないものですが虫歯は自然には治りません

放置したことで虫歯菌が歯の神経にまで達してしまうと神経を抜くことになります。

神経がなくなってしまった歯は、栄養が届かないので枯れた木のようにスカスカになり、欠けたり折れたりしやすくなります。

変色している虫歯は1日でも早く治しましょう。

ホワイトニング

歯を削らずに薬剤を使って白くする方法に「ホワイトニング」があります。

これは審美歯科なので保険適応外になり費用がかかります。

料金は歯科医院によって設定がまちまちなので、事前に確認しておくと安心です。

またホワイトニングキットを購入して自宅でできるものもあります。

差し歯にする

前歯は衝撃を受けやすく神経をなくすことが少なくありません。

神経が死んでしまった歯は茶色や紫色に変色していきます。

これは歯磨きで改善することはできません。

見た目の問題もあるので差し歯にすることが多いですが

かぶせた歯の隙間から臭いが発生したり、土台の歯が割れてしまったり

ということも起こります。

本当に差し歯にする必要があるのか納得のいくまで説明を受けることも大切です。

歯の変色は仕方のないことですが、あまりにも茶色く着色していると

歯磨きをしていないと勘違いされてしまうかもしれません。

にっこり笑った時に白いきれいな歯が見えるように

さっそく対策をはじめましょう!

自宅で簡単!ホワイトニング