歯が汚れやすい人と汚れにくい人がいるのはどうして? | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯が汚れやすい人と汚れにくい人がいるのはどうして?

きちんと歯磨きしていてもすぐに歯に汚れがつくと悩んでいませんか?

特に歯と歯の間や歯の表面が茶色くなっていると

見た目の印象が残念な感じになってしまいます。

歯が汚れやすい原因や対策についてご紹介します。

歯が汚れやすい原因

歯の表面がでこぼこしている

同じものを食べても着色しやすい人とそうでない人がいますよね。

これは歯の性質が大きく関係しています。

歯の表面がでこぼこしていると凹凸の中に色素が入り込み

着色汚れが付きやすくなります。

また唾液の分泌量が少ない人も、

着色を十分に洗い流すことができないので歯の汚れが取れにくいです。

コーヒーやタバコ

コーヒーや紅茶、お茶、赤ワインに含まれる色素や、

タバコのヤニなどは歯の表面に付着します。

これが着色汚れとなり、歯のくすみや黄ばみの原因にもなります。

歯の着色汚れをとるには?

研磨剤入りの歯磨き粉

歯磨き粉を使わなかったり水だけで磨いていると、

歯の汚れがおとせずにどんどん蓄積していきます。

歯の着色汚れや黄ばみには研磨剤入りの歯磨き粉が効果的です。

また歯間ブラシやフロスを使うと歯と歯の間の着色に効果的です。

歯の汚れをとるアイテム

口に含んでぶくぶくすると歯を白くしてくれる

スプレーやジェルなどのホワイトニングアイテムがあります。

口の中の菌や汚れによる口臭も予防もできます。

時間のある時はそのまま歯磨きをするとさらに効果が期待できます。

歯磨き粉で磨くよりも歯の表面がツルっツルになるのでびっくりしますよ!

着色がつきやすいものの摂取を控える

歯に着色汚れがつきやすいものには

・お茶やコーヒー・紅茶

・赤ワインやチョコレート、ブドウ

・カレーやスパゲティー

などがあります。

歯の着色,着色汚れ

歯の着色汚れを防ぐためには、こういった食品を控えたり、

食べた後はすみやかに着色を落とすことがポイントになります。

しかし外出先などですぐに歯磨きができないときもありますよね。

そんな時は水を飲んだり口をすすぐだけでも着色を防ぐことができます。

歯医者さんで汚れを落とす

歯に付着して時間がたってしまった汚れは、

歯の表面にこびり付いているので歯磨きで落とすことが難しくなります。

歯の表面が汚れでざらざらしていると

その汚れの上からどんどん汚れが重なっていきます。

歯磨きをしても改善されない場合は、

歯医者さんでしっかりと歯の汚れをとってもらうことが必要になります。

話をしている相手の歯の汚れが気になった経験ありませんか?

そのくらい歯の汚れは人に見られています。

歯が茶色いと虫歯にまちがえられたり、自己管理ができない人と思われてしまうこともあります。

会話を楽しむためにも歯の着色汚れはしっかりと落としておきたいです。

歯の汚れがするんときれいに!