歯茎が腫れてるけど痛くない!放置するとどうなるの? | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯茎が腫れてるけど痛くない!放置するとどうなるの?

歯茎がプクっと腫れている・・・

痛くはないけどなんだか気になる・・・

腫れているけど痛くないと、そのまま放置してしまうこともありますよね。

しばらくすると治ることもありますが、治療が必要になることも少なくありません。

歯茎が腫れる原因

歯茎が腫れる原因でもっとも多いのが歯磨きによるものだといわれています。

間違った歯磨きによって歯茎に傷ができ腫れます。

物がぶつかったりした傷が原因になることもあります。

歯周病

歯と歯茎の間にできた歯石に細菌が住み着いて炎症を起こします。

歯茎が腫れたり血が出たりします。

重度になると歯がぐらついたり強烈な口臭を発生させます。

放置すると歯が抜け落ちてしまいます。

ストレス

強いストレスがかかっていたり疲れがたまっていると、体の免疫機能が低下します。

すると細菌に勝てなくなるので菌に感染してしまい、歯茎が腫れることがあります。

風邪などの体調不良が原因で腫れることもあります。

この場合は十分に休んだり、体調が回復すると腫れも引いてくることが多いです。

自分でできる応急処置

冷やす

腫れているところにぬれたタオルを当てて冷やすことで痛みを和らぐことがあります。

この時に直接歯肉にあてて冷やすと刺激になってしまいます。

腫れている部分の頬を冷やすようにしましょう。

痛み止めを飲む

深夜や休日に腫れてしまって歯医者さんに行けないこともありますよね。

そんな時は市販されている痛み止めを飲むことで症状を緩和することができます。

腫れる,痛くない

歯磨き

歯茎の腫れは歯と歯肉の間に細菌が入り込むことで起こります。

歯磨きを意識することで歯肉の中の菌を減らしていことが大切です。

歯磨きは自分のクセが出やすいので磨き残りも増えます。

定期的に歯医者さんで歯磨き指導を受けると、しっかり磨けるようになります。

殺菌する

殺菌作用のあるうがい薬、歯磨き粉、タブレットなどを利用して、炎症を起こしている細菌

を殺菌することで、腫れが引くことがあります。

やってはいけないこと

気になって触る

歯肉が腫れてくると気になってついつい触って確かめたくなりますよね?

腫れているところは炎症を起こしているので、さわることで手のばい菌がうつってしまった
り、刺激によって症状が悪化することがあるので気を付けたいです。

膿を絞り出す

腫れがひどくなってくると膿をもつこともあります。一部分だけぷくっと膨らんでいるよう
なら化膿している可能性があります。

悪いものは出したくなりますが、刺激を加えることで腫れが悪化したり、

膿を出した傷口から細菌が入ってさらに化膿してしまうことも考えられるので、そっとしておきたいです。

運動

運動によって血行が促進されるとさらに痛みが増すことがあります。

歯茎が腫れている時は運動は控え、安静に過ごしたいです。

刺激になるもの

タバコやアルコールは歯茎を刺激します。

出血が止まらなくなったり腫れが悪化したりします。

歯茎の腫れが気になる時は控えたいです。

その腫れは危険なサイン?!

歯茎の腫れはそのうち治るだろうと放置してしまうこともありますよね。

でも中には重大なトラブルの警告ということも!

それは歯周病です。

歯周病っておじいさん、おばあさんの病気というイメージありませんか?

いえいえ、実は日本人のなんと8割もの人がかかっているという国民病です。

早い人は20代からかかっていて、30代後半からはうなぎのぼりに増加します。

また別名を「サイレントキラー」といい、痛みや違和感などの症状がないまま

静かに進行していきます。

気づいた時には歯がぐらついたり、歯を抜かなければならないってことも

少なくありません。

その歯周病の症状のひとつに「歯茎の腫れ」があるんですね。

しかも痛みはありません。

歯茎の腫れが治りにくいとか治ってもぶり返すのであれば

歯周病を疑った方がいいかもしれません。

セルフケアが一番重要!

いますぐ歯医者さんにいって調べてもらうとわかるのですが・・・

痛みがないとなるとしばらく様子をみちゃいませんか?

私はそれで歯周病を悪化させてしまいました。

歯医者さんに行くのってせいぜい3か月に一度くらい。

予約が取れなかったり、仕事で行けなくなったり・・・

痛みがないもんだから、なかなか続かないんですよね。

先生も定期検診はすすめていますが、「やっぱり家での歯磨きが一番大切」だそう。

これ以上歯周病を進行させないためには、自分で予防するしかないんです。

歯周病悪化を阻止!するためには

歯周病は歯周病菌が感染することで広がっていく疾患です。

歯磨きは毎日しているけど、歯茎が腫れるというのなら

きちんと殺菌できていないことが考えられます。

歯磨き粉ってどれを使っても同じって思ってたんですが・・・

歯周病を予防できる成分が入っているかどうかは重要です。

これ以上歯周病を進行させないためにも

殺菌効果のある有効成分が配合された

薬用の歯磨き粉で磨くことをおススメします。

歯は毎日使うものですから自分でしっかりケアしていかないと

1年後には大きな差となってしまいます。

自宅でできる歯周病予防はオーラパール

薬用オーラパールには9種類の有効成分が配合されています。

その中でも殺菌効果のある成分が、

・酵素成分塩化リゾチーム

・塩化セチルピリジウム

・イソプロピルメチルフェノール

・グルチルリチン酸

と、4種類も含まれています。

酵素成分塩化リゾチーム」には

歯茎の腫れ・赤みを改善、歯茎の出血を抑える、殺菌作用があり

歯周病を予防することができます。

歯周病菌からコラーゲンを守るアミノ酸

健康な歯茎を保つためにはコラーゲンが必要です。

しかし歯周病菌にはコラーゲンを分解する作用があり歯茎に炎症を起こします。

それを阻止するのが「アミノ酸」です。

アミノ酸にはコラーゲン分解作用を抑える働きがあります。

そしてオーラパールにはなんと2種類のアミノ酸が含まれていて

歯周病菌からコラーゲンを守ってくれるというワケです。

また歯茎を健康にするだけでなく

・口臭改善

・ホワイトニング

の効果も同時に得られます。

オーラパールならさまざまなお口の悩みを

これ1本ですべて解決してくれます。

歯を失って後悔しないためにも

歯茎が腫れが長引くようなら早めに対策してくださいね。

特別キャンペーン価格になる定期購入はWEB限定コースのみです

WEB限定で初回はなんと10%オフ!

2か月ごとの定期コースなら5000円もお得!

4つの殺菌成分歯茎を健康に保つ

お口のトラブルをまとめて解決

歯周病予防・口臭改善・ホワイトニングが同時に

送料無料5000円割引きは公式サイト限定です!

↓ ↓ ↓

薬用オーラパール公式サイトはこちら