歯茎から臭い血がでるなら疑ってほしい病気とは? | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯茎から臭い血がでるなら疑ってほしい病気とは?

歯磨きをするといつも歯茎から血が出る

歯ブラシやフロスを嗅ぐと強烈な臭いがする

それって歯周病が進行しているサインです。

お口も臭っちゃってる可能性が高いですよ!

歯茎から血が出る原因

歯肉炎

歯肉炎とは歯茎にとどまっている状態の炎症です。

歯茎の腫れ出血むずがゆいなどの症状があります。

正しい歯磨きで歯と歯茎の間の歯垢や細菌を排除できると炎症がひいてきます。

しかしそのまま放置したことで歯周病に移行してしまうことも少なくありません。

歯周病

歯周病とは歯を失う一番の原因になる病気です。

日本人の成人の8割以上の人がかかっているといわれているとても身近な病気です。

歯周病の症状のひとつに歯茎からの出血があります。

重度の場合、出血に膿が混ざり臭くなります

歯周病は自覚症状がないまま進行していきます。

出血の症状が出た時にはかなり悪化していることが考えられます。

歯と歯茎の間に歯石がたまりそこに細菌が入り込むことで炎症が起こります。

炎症により溝が深くなり、奥まで入り込んだ菌が歯を支える骨を溶かし始めます。

歯がぐらつきはじめたり強烈な口臭が発生することで病気に気づきますが

その時にはかなり進行していることが多く

最悪の場合、歯を支えられなくなり歯が抜けてしまいます。

臭い血

歯茎の臭い出血を今すぐ解消する方法

歯磨きを変える

私たちは毎日当たり前のように歯磨きをしていますが

その方法には自分のクセが出てしまうんですね。

同じ場所から磨き始めたり

歯ブラシを当てる角度が決まっていたり。

それが正しい方法でなければ

磨き残しがでてきて出血や臭いの原因になってしまいます。

歯ブラシは歯と歯茎の間にしっかりとあてて、1本ずつ20回程度丁寧に磨きます。

歯ブラシが届きにくい奥歯や歯間はフロスや歯間ブラシを使用して

食べかすや歯垢が残らないようにしましょう。

また定期的に歯医者さんで歯磨き指導を受けることで

自分のクセに気づくことができ、磨き残しが格段に減ります。

殺菌効果のあるアイテム

歯茎からの出血や歯茎の腫れは細菌が炎症をおこすことで発生します。

殺菌効果のある歯磨き粉やデンタルフロスを使用することで

細菌リスクを減らすことが期待できます。

また口の中の細菌に直接アプローチするタブレットやジェルで

炎症による口臭を防ぐことができます。

歯茎から出血するのは歯周病からの警告です!

骨が溶けてしまってからではもとに戻すことは困難になります。

歯茎の臭い血を放置してしまうと歯を失うことになるかもしれません。

すぐに対策を始めましょう!

女性が歯周病にかかりやすい原因とは?