menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイをきれいにしたい!

歯がぐらぐら痛いのは危険なサイン?!原因と対処法

歯痛い,歯揺れる

歯がぐらぐらしてきた・・・

 

しかもずきずき痛む・・・

 

それってもしかしたら重大なトラブルのサインかもしれませんよ!

 

歯がぐらぐらするのは?

 

かぶせ物がとれた

 

差し歯やブリッジをしている歯がぐらぐらしてきたら、かぶせ物が取れかかっていることが多いです。

 

接着が弱まっているだけなら付け直すことで改善しますが、

 

元の歯や根っこが割れていると歯を抜くこともあります。

 

歯周病

 

細菌によって歯を支えている骨が溶けてしまい歯を支えられなる病気です。

 

歯肉に炎症が起き歯がぐらつきます。

 

自覚症状がないので知らないうちに進行していることが多いです。

 

歯周病によって歯が揺れ始めたのであればかなり進行している可能性が高いです。

 

歯がぐらぐらして痛いときはどうすればいい?

 

痛み止めを飲む

 

歯周病の炎症や歯の根っこに膿が原因で痛みが起きている場合は、市販の痛み止めを飲んで様子を見ましょう。

 

軽度の歯肉炎であれば、数日で痛みが引くことがあります。

 

うがい薬やデンタルリンスで除菌

 

歯肉の炎症は細菌によって引き起こされます。

 

殺菌効果のあるうがい薬やデンタルリンスで口の中を清潔に保ちましょう。

 

菌の繁殖を防ぎ炎症がおさまっていきます。

 

歯医者さんに行く

 

数日してもよくならなかったり悪化したら、治療が必要なくらいに進行している可能性が高いです。

 

歯医者さんで診察することをおすすめします。

 

絶対にやってはいけないこと

歯痛い,歯揺れる

 

歯がぐらぐらしてくると、指で揺らして確認してみたくなりますよね?

 

でもそれやっちゃだめですよ!

 

舌でさわって押してみたり、指でゆらしたりすると、揺れ始めた歯にダメージを与えてしまいます。

 

痛みが続く場合は、なるべく揺らさないようにして、早めに歯医者さんに行きましょう!

 

歯のぐらぐらや歯肉の痛みを繰り返さないためのセルフケア

 

歯磨きをする

 

1日2回は歯磨きをする習慣をつけましょう。

 

歯と歯茎の間にブラシを当てて、1本ずつ丁寧に磨きます。

 

1本につき20回磨くとよいとされています。

 

また歯ブラシでだけでは取り除けない汚れは、歯間ブラシやフロスを使いましょう。

 

口腔内を清潔に保つ

 

菌による炎症を起こさないためには、口の中を清潔な状態にしておくことが大切です。

 

歯磨きの後に、殺菌効果のあるデンタルリンスを使うと磨き残しによる菌の繁殖を防ぐこと
ができます。

 

また唾液の分泌を促し口腔内の菌を殺菌するタブレットやジェルは、

 

歯周病による口臭を防ぐ効果もあるのでおすすめです。

 

定期検診に行く

 

歯と歯茎の間に付着した歯石はセルフケアで取り除くのは難しいです。

 

定期的に歯医者さんで歯石を除去してもらうと、細菌による炎症を防ぐことができます

 

歯磨き指導を受けられるところもあるので、自分の歯磨きのクセを知ることで磨き残りしに
くくなります。

 

 

歯がぐらぐらしていると抜けてしまうのかと心配になりますよね。

 

普段のケアで細菌をコントロールして、歯のぐらぐらが起こらないように予防しましょう。

 

そのぐらぐらは歯周炎?それとも歯周病?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。