歯を磨きすぎると口臭が悪化する?適切な回数は? | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯を磨きすぎると口臭が悪化する?適切な回数は?

口臭をなくすために一生懸命歯磨きしてます!

というあなた!

その磨きすぎがお口の臭いを悪化させているかもしれません。

歯の磨きすぎと口臭についてまとめました。

間違った歯磨きと気を付けたいこと

歯を磨きすぎる

口臭が気になるからと一日に何回も歯磨きをしていませんか?

口臭の元となる口内細菌は唾液によって洗い流されます。

過度な歯磨きは唾液の分泌を妨げたり、唾液を失ったりすることにつながるため

口腔内の細菌を殺菌する力が弱まり口臭が悪化します。

またデンタルケアなどのマウスウォッシュに含まれるアルコールは、

唾液の分泌を抑制する作用があるため

口腔内が乾燥し余計に臭いが増してしまいます。

力の入れ過ぎ

力を入れて歯磨きすると、歯の表面を削ってしまったり歯茎を傷めたりします。

歯ブラシはえんぴつの持ち方で磨くとちょうどいい強さで磨けるそうです。

また一度にたくさんの歯を磨かずに、

一本ずつ丁寧に方向を変えながら確実に汚れを落としましょう。

泡ブクブクの歯磨き

歯磨き粉をつけ過ぎるとブクブク泡が立ち、

すみずみまできれいに磨けたかどうかの確認がしにくくなるので、

きちんと汚れが取れていないことが多いです。

歯磨き粉を付けるときは小豆1粒くらいで充分です。

歯磨き口臭,舌磨きすぎ

歯磨きの前に歯ブラシを濡らすことも、過剰な泡立ちの原因になるのでやめましょう。

また口をすすぎ過ぎることも気を付けたいです。

何度も口をゆすいでしまうと、歯磨き粉に含まれるフッ素などの成分が落ちてしまいます。

口をすすぐのは1回で十分という意見もあります。

歯ブラシで舌を磨く

歯磨きの最後に歯ブラシで舌を磨くのはありがちな光景ですね。

歯ブラシで舌を磨くと意外と力が入りやすいです。

ゴシゴシと力を入れて舌を磨くと、舌の表面を覆っている舌乳頭に傷がつき、

味覚障害になったり、口臭の悪化を招きます。

舌を磨く時は、歯ブラシではなくて専用の舌ブラシを使って優しく磨きましょう。

適切な歯磨きの回数や時間は?

適切な歯磨きの回数は朝昼夜の1日3回です。

またそのうちの1回は特に丁寧に行いましょう。

朝や昼は忙しいのでゆっくり歯磨きするのは難しいと思うので、

夜寝る前の歯磨きはすみずみまで念入りに行えるといいですね。

フロスや歯間ブラシも使いながら10分くらい時間をかけて磨きましょう。

毎日の習慣にして続けると、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。

良かれと思って頑張って磨いていたことが、

逆に臭いを発生させていたなんて驚きでしたよね。

歯磨きは毎日することなので、正しい磨き方を身につけて、口臭をなくしていきましょう。

私が劇的に口臭を改善した方法とは?