menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

ぶよぶよ,臭い

歯肉をさわるとぶよぶよしている

 

ぶよぶよをさわった指が臭う

 

こんな症状で悩んでいませんか?

 

歯肉がぶよぶよしている原因と対処方法をご紹介します。

 

ぶよぶよ歯肉の原因とは?

 

刺激

 

歯肉はデリケートです。

 

堅いものが当たったり、歯ブラシでガシガシ磨いたりすると傷がつき炎症が起こります。

 

免疫力が低下していると傷から細菌が侵入しぶよぶよしてきます。

 

 

ぶよぶよしたところを指で触って臭いなら、炎症が悪化して膿が出ています。

 

これを放置するとどんどん膿が出てきて、重度の歯周病になり最終的には歯が抜けてしまいます。

 

歯周病

 

ぶよぶよ歯茎で一番可能性が高い原因が歯周病です。

 

歯周病は日本人の成人の8割がかかっているといわれるほど、誰にでも起こりうる疾患です。

 

歯と歯茎の間にたまった歯石に、歯周病菌が入り込み炎症を起こします。

 

そして歯肉が腫れたりぶよぶよしてきます。

 

歯周病は自覚症状がないまま進行し、骨が溶けて最後は歯が抜けてしまいます。

 

すぐにできる対処方法

 

うがい薬

 

イソジンなどのうがい薬でぶよぶよを引き起こしている菌を殺菌しましょう。

 

この時にデンタルリンスなどの洗口液で除菌しようとすると、刺激により痛みが増すことがあるのでおすすめしません。

 

歯ブラシ

 

歯ブラシでぶよぶよしている歯肉と歯の境目を優しく磨き菌を追い出します。

 

痛みが少ない場合に効果的です。

 

多少出血しても炎症がおさまってくると出血も止まることが多いです。

 

冷やす

 

ぶよぶよ,臭い

ぶよぶよしているところが腫れている場合は冷やすことで解消する場合もあります。

 

この時に直接口の中に氷を入れて刺激を与えるのはやめましょう。

 

また数日たっても腫れが引かない、痛みが増した、大きく腫れてきた場合は、歯医者さんで診察したほうが安心です。

 

歯周病を予防する方法

 

歯磨きで予防

 

歯周病は歯と歯肉の間の歯周ポケットに細菌が入り込んで起こる疾患です。

 

今すぐにできる予防方法は毎日の正しい歯磨きです。

 

歯と歯茎の間に歯ブラシの先が当たるようにして、優しく丁寧に磨くことで細菌が入り込むのを防ぎます。

 

歯磨き粉で予防

 

歯磨き粉なんて何を使っても同じ!と思っていませんか?

 

歯磨き粉にもいろいろな機能が期待できるものがあります。

 

歯周病予防効果のある歯磨き粉を使うことで菌の繁殖を防ぐことができます。

 

歯肉を引き締める作用のあるものは、使って数日で歯茎の出血が止まるほどの効果を感じることができます。

 

タブレットで予防

 

口の中の菌に直接アプローチして殺菌できるタブレットがあります。

 

一日一粒なめるだけの手軽なタイプも多いので、

 

習慣にすれば歯周病の原因になる菌を除去し、嫌な口臭も防ぐことができます。

 

 

歯肉の炎症は歯の汚れが取りきれないことが原因です。

 

いつもの歯磨きではすべての汚れを取り除くことはむずかしいことです。

 

普段にケアをしつつ、歯が痛くなくても定期的に検診を受け、歯石を

 

除去することで歯肉のトラブルを防ぐことができます。

 

臭いぶよぶよ歯肉にもう悩まない!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。