menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

女性が歯周病になりやすい原因は?いろいろな影響も

歯周病,原因

女性は男性よりも歯周病にかかりやすいと言われています。

 

それは歯周病に「女性ホルモン」が大きく影響するためです。

 

女性が歯周病になりやすい原因についてご紹介します。

 

歯周病とは?

 

歯周病とは歯周病菌によって歯の土台となる骨が溶け歯が抜け落ちてしまう疾患です。

 

痛みなどの自覚症状がないため、知らず知らずのうちに進行していきます。

 

歯がぐらついたり歯茎の出血などの症状が現れた時にはかなり悪化していることが多いです。

 

溶けてしまった骨を再生することは難しいため歯を抜くことになってしまいます。

 

女性の方が歯周病のリスクが高いといわれる理由

 

ホルモンバランスの変化

 

歯周病菌の中には女性ホルモンを栄養源にしているものがあります。

 

女性は一生の中で何度か、ホルモンバランスが変化する時期があります。

 

初潮妊娠・出産や閉経は歯周病が悪化しやすい時期になります。

 

女性ホルモンの増加

 

妊娠後期になると女性ホルモンが激増し、歯肉炎の細菌が活発に活動します

 

またつわりで食欲がなくなり、調子のいい時に少しずつ食べるので、口の中がいつも汚れて
いることが多くなります。

 

口腔環境の悪化によって歯茎に炎症が起きやすくなります。

 

歯周病,原因

 

歯周病による身体への影響

 

いやな口臭が発生する

 

歯周病菌は歯と歯茎の歯石に入り込み悪臭ガスを発生します。

 

また歯茎が膿むと強烈な臭いを発生します。

 

これら歯周病による口臭は、他人に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」と呼ばれる

 

こともあり、欧米では訴えられるケースもあるんだとか。

 

病気を引き起こす

 

歯周病は歯や歯茎だけでなく、身体にも影響を及ぼすことがわかっています。

 

歯周病菌は「インスリン」の働きを妨げ糖尿病を悪化させます。

 

また菌に含まれる物質が動脈硬化を起こしやすくするので、心筋梗塞や狭心症を発症するリスクも高まります。

 

出産のトラブル

 

歯周病の炎症により子宮収縮が起こりやすくなります。

 

歯周病の妊婦さんは早産になりやすく、その確率は歯周病でない人のなんと7倍以上とも。

 

また低体重児が生まれてくる確率も5倍という報告もあります。

 

歯周病を予防するために

 

歯周病を予防するには普段からのセルフケアが重要になります。

 

1日2回、特に寝る前の歯磨きは丁寧に行うことが大切です。

 

歯と歯茎に歯ブラシを当て、1本20回ずつ磨いていきます。

 

歯ブラシだけでは取りきれない汚れは、歯間ブラシやフロスを使いましょう。

 

唾液の分泌作用のあるタブレットやスプレーを活用し、口の中の細菌を殺菌するのも効果的
です。

 

また定期的に歯科検診を受け、自分では落としきれない歯石を取り除いてもらうことで、歯周病の早期発見と進行を防ぐことができます。

 

一生続く女性の歯周病を簡単解決!!



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。