menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

治す,食べ物

口内炎の原因はさまざまです。

 

なかでも「栄養不足」や「ビタミン不足」はよく知られている原因ですね。

 

口内炎が口の中にひとつできただけでも、食事が苦痛になります。

 

栄養が不足すると免疫力が低下するので、回復するのに時間がかかり

 

いつまでたってもツライ口内炎とともに過ごさなければなりません。

 

ツライ口内炎を早く治すための食べ物についてご紹介します。

 

口内炎に効く食べ物

 

口内炎にはビタミンB2・ビタミンCが効果的だといわれています。

 

果物、緑黄色野菜、淡色野菜、いも類などで、細菌やウイルスに抵抗する働きがあります。

 

ビタミンB2

 

皮膚や粘膜のビタミン」とよばれ、皮膚や粘膜の健康を保ち皮膚の働きを正常にします。

 

ビタミンB2が不足すると肌荒れや頭皮の乾燥によるフケが発生します。

 

水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても過剰分は体外に排出されます。

 

妊婦さんは不足しやすいといわれています。

 

代表的な食品には、

 

・レバー
・うなぎ
・さば
・いわし
・乳製品
・大豆製品
・わかめ
・ひじき

 

があります。

 

ビタミンC

 

美肌ビタミン」とよばれ美白・美肌効果が高いことで知られています。

 

健康な皮膚や粘膜の形成をサポートする働きがあります。

 

口内炎の原因である免疫力低下を改善することができます。

 

代表的な食品には、

 

・いちご
・みかん
・ブロッコリー
・パセリ
・ピーマン
・大根
・じゃがいも

 

があります。

 

治す,食べ物

 

口内炎を悪化させる食べ物

 

口内炎があると食べるものによっては刺激になって炎症が悪化してしまうこともあります。

 

口内炎の時には控えたい物は、

 

・刺激の強いもの
・熱いもの、冷たいもの
・キウイやパイナップル
・砂糖を多く使っているもの 

 

などです。

 

辛いものやしょっぱいもの、香辛料は刺激が強く痛みを感じやすくなります。

 

またあつあつの状態や冷たすぎるものは患部を刺激してしまうので

 

人肌程度を目安にしたいです。

 

食べると舌がピリピリするキウイやパイナップルも、炎症を悪化させるので避けたいです。

 

砂糖を多く使っている食べ物は消化の過程でビタミンを大量に消費してしまいます。

 

口内炎を予防するには?

 

口内炎は栄養不足やビタミン不足が原因になるとお伝えしましたが

 

健康な状態ならなんともない細菌の力に負けてしまうことで口の中に炎症が起きます。

 

口の中の細菌の数を減らして、口腔内を清潔に保つことで

 

炎症が起こるリスクを軽減することができます。

 

 

口の中の細菌を殺菌できるアイテムには、

 

・歯磨き粉
・洗口液
・タブレット
・人工唾液スプレー

 

などいろいろな種類があります。

 

口の中の細菌を殺菌できると口のネバネバや嫌な口臭もなくなります。

 

頻繁に発生していた口内炎に悩まされることも少なくなったという声も多いです。

 

ツライ口内炎を即効治す方法!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。