その口臭は疲労臭かも?疲れと臭いの関係について | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

その口臭は疲労臭かも?疲れと臭いの関係について

疲れている時に「口臭いよ!」っていわれたことないですか?

疲労臭は口の臭いとしてもあらわれるんです!

疲労臭と口臭の関係についてまとめました。

疲労臭とは?

疲れが原因で発生する臭いを「疲労臭」といいます。

主に体が臭う体臭のことを指しますが、口からも臭いが発生します。

ツーンとした「アンモニア臭」が特徴です。

疲れと口臭の関係

疲れは身体のさまざまな部分の機能を低下させます。

疲れによって影響を受けた場所から臭いは発生します。

唾液への影響

ストレスや疲れがたまると、自律神経の乱れが起きます。

自律神経によってコントロールされていた唾液の分泌が抑えられ

唾液が出にくくなります。

口の中が乾燥して口腔内の菌が活発になります

また唾液によって流されるはずだった菌や食べかすが

口の中に残り口臭を発生させます。

肝臓への影響

通常、肝臓で分解されたアンモニアは尿として排出されます。

ですのでアンモニアが体に残ることはありません。

ところが疲れによって肝臓の機能が低下すると

分解できずに残ったアンモニアが血液にのって全身にまわり

体のあちこちから体臭や口臭としてアンモニア臭を発生します

疲労臭を出さないためには、肝臓を元気にして

アンモニアをしっかり分解してもらうことが重要です。

疲労臭を出さないために心がけたいこと

アルコールはほどほどに

口臭,関係

肝臓はアルコールを分解・吸収する働きがあります。

お酒やビールなどのアルコールを飲み過ぎると

肝臓の働きが弱まり、アルコールを正常に処理できなくなります。

休肝日を作って肝臓を休ませましょう。

タンパク質を摂り過ぎない

肝臓はタンパク質を分解する役目があるので、

タンパク質の多い肉などを多食すると肝臓が疲れてしまいます。

肝臓を働かせすぎないように

バランスの良い食事を心がけたいです。

よく眠る

一日の疲れをしっかりとり翌日に残さないためには

質の良い睡眠は欠かせません。

夜遅くまでスマートフォンやテレビで夜更かししていませんか?

寝る前に強い光を浴びたり、脳に刺激を与える映像を見ると

熟睡ができなくなるといいます。

眠りにつく30分前には、スマートフォンやテレビを

消すことをおすすめします。

「オルニチン」「クエン酸」を摂取する

しじみに含まれる「オルニチン」と

梅干しやレモンに含まれる「クエン酸」には

疲労物質を分解する効果があります。

疲れがたまっていると感じたらしじみや梅干しを

献立に加えてみるのもいいですね。

20代のころは徹夜で遊んでも疲れ知らずでしたが

加齢とともに疲れがとれにくくなってきましたよね。

疲れをうまく解消して

疲労臭による口臭とさよならしましょう!

疲労臭を悪化させる口臭の原因とは?