口呼吸が口臭を引き起こす?どうして臭いの? | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

口呼吸が口臭を引き起こす?どうして臭いの?

寝起きの口がねばつく・・・

口の臭いが気になる・・・

そんなあなたは「口呼吸」になっていませんか?

口呼吸と口臭についてご紹介します。

口呼吸で臭いが発生する理由

口臭の原因の8割以上は、口の中が原因といわれています。

口呼吸によって口の中が乾燥します。

口の中の汚れは唾液によって洗い流されているので

乾燥によって唾液が蒸発してしまうと

菌が活発になり、臭いを発生させます。

口呼吸が全身に及ぼす影響

前歯の着色や虫歯

口呼吸の人は前歯が空気に触れることが多いので

前歯についた汚れが乾いて付着するため着色します。

歯についた汚れが定着し虫歯の原因になります。

歯周病

口呼吸で口をあけていると、唾液が蒸発して口の中が渇きます。

唾液がないと口の中の食べかすや菌を洗い流すことができないので

歯や舌に菌が付着している状態が続き、歯周病を招いてしまいます。

風邪やアレルギーになりやすい

鼻で呼吸ができると、鼻毛などの働きで、

菌をキャッチして体の中に入らないようにしてくれます。

ところが口呼吸だと、喉や気管に直接菌や乾燥した空気が入り込むので

風邪やアレルギーにかかりやすくなります。

臭い 口呼吸

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は日本人に300万人もいるといわれています。

口呼吸の人は、口で呼吸しやすいように、

舌が後ろに下がっています。

睡眠中に力が抜け、さらに後ろに落ちた舌根で

気道がふさがり呼吸が妨げられます。

鼻呼吸に改善する方法

意識して鼻呼吸する

口呼吸が長年のクセになってしまっている人は、

まずは自分で意識して口を閉じてみましょう。

最初は苦しく感じますが、鼻の機能が呼び戻され

だんだん鼻呼吸ができるようになります。

唇にテープを貼る

睡眠中など無意識のうちに口呼吸になっている場合は、

寝るときに唇に貼るテープをおすすめします。

絆創膏を貼る方もいますが、肌荒れの心配もあるので

専用のテープを使うのもいいですね。

筋肉のトレーニング

口の周りの筋肉が弱っていると口が開いてしまうことがあります。

トレーニングして筋肉を強くすることで、口を閉じておくことが

できるようになると、口呼吸も改善されていきます。

耳鼻科を受診する

慢性鼻炎やアレルギーが原因で鼻呼吸ができない場合、

まずは耳鼻科で治療することをおすすめします。

鼻づまりが治ったら鼻呼吸になったということもよくあります。

口呼吸は口臭の原因になるだけでなく、

全身にさまざまなダメージを及ぼします。

口呼吸から鼻呼吸に変えただけで、

口臭が気にならなくなったということも多いんですよ。

その口の臭いはドライマウスが原因!?