歯の汚れを防ぐには?着色の原因と効果的な方法! | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯の汚れを防ぐには?着色の原因と効果的な方法!

会話をしている相手の歯の汚れが気になったことはありませんか?

相手の第一印象を決めるのは「」と「口元」だという調査結果があります。

歯が汚れているとせっかくの笑顔も台無しですよね。

歯の汚れの原因と効果的な方法についてまとめます。

歯につく着色汚れのことを「ステイン」といいます。

一度は耳にしたことがあってもステインの原因については

意外と知らないものですよね。

ステインの元になりやすいもの

・お茶や柿、赤ワインに含まれるポリフェノール

・ブルーベリーやブドウに含まれるアントシアニン

・お茶、紅茶、コーヒーに含まれる色素

・カレー、ミートソースなど色の強い食事

・タバコのヤニ

汚れを付きにくくする効果的な方法

歯磨きに力を入れ過ぎない

かための歯ブラシに歯磨き粉をたっぷりつけて

ゴシゴシブクブク歯磨きをしている方!

力を込めた歯磨きは汚れが落ちにくいだけでなく、歯の表面を傷つけます

でこぼこになった歯の傷には汚れが付きやすく落としにくいので

余計に着色が目立つという悪循環になってしまいます。

食後に水を飲む、うがいをする

ステインのもとになるからといっても、

大好きなカレーやコーヒーはやめられないもの。

食べたら歯磨きが理想的ですが、状況によっては難しいことも。

歯磨きが無理なら、水を飲んだりうがいをすることを習慣にしましょう。

歯に着色しやすい食べ物を食べたら、水で汚れを洗い流すことで、

着色汚れを防ぐことができます。

着色,ステイン

だ液の量を増やす

口の中が乾燥していてカラッカラに乾いていると、

食べかすや食べ物の色素が洗い流されずに歯の表面に残りやすくなります。

唾液の量が少なく口の中がネバネバしていたりパサパサしていることが多いなら

ガムを噛んだり舌をぐるぐるまわしたりすることで、唾液腺が刺激され

唾液が分泌されるので、歯についた汚れを洗い流すことができます。

着色を落とすアイテムを活用する

研磨剤が含まれている歯磨き粉や、

歯を白くする成分の含まれているジェルなど

自宅でできるホワイトニングアイテムがあります。

いろいろな種類がありますが、漂白剤や強力な研磨剤が含まれていると

歯の表面に傷がつきさらなる着色を招きます。

汚れをこすり取るものよりも、汚れを浮かして落とすもののほうが

歯への負担は少ないです。

成分をよくみて歯を傷つけないものを選ぶと安心です。

毎日の生活の中で歯の汚れがついてしまうのは仕方のないことです。

でもちょっとした心がけで歯の着色は防ぐことができます。

歯の汚れがつきやすいのはこんな人!