menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイをきれいにしたい!

授乳中の脇汗が止まらない!産後のワキガに悩んでいるママへ

産後脇汗,授乳中脇ニオイ

産後、授乳中の脇汗に悩むママが増えています。

 

赤ちゃんが汗をたくさんかくのは知っていたけど、

 

まさか自分まで汗っかきになるとは・・・と驚いてしまいますよね。

 

汗をかくということは当然臭いも気になります。

 

授乳中に汗をかきやすくなるのはナゼ?

 

産後に汗をかきやすくなる原因にはホルモンバランスが影響しています。

 

女性ホルモンは妊娠中に最高潮に達したあと、出産後は一気に減少していきます。

 

代わりに男性ホルモンが優位になることが知られています。

 

女性ホルモンの働きによって抑えられていた汗は、男性ホルモンが活発になることで

 

発汗が促され汗をかきやすくなるんですね。

 

これは「産褥期多汗」という診断名がつくほど、産後のママにはよくある症状のひとつです。

 

授乳中を含め産後しばらくの間はホルモンバランスが乱れているので

 

滝のような汗をかいてびっくりするママも少なくないんですね。

 

これはホルモンバランスが安定してくると自然に落ち着き、もとの汗の量に戻ります。

 

授乳中の脇汗がクサイ?!

 

産後に汗の量が増える仕組みはお分かりいただけましたね?

 

量が増えるだけでも大変なのに、なんと汗のニオイも強くなります。

 

これは出産後の不規則な生活で免疫力が低下して

 

細菌が繁殖しやすくなってしまうからといわれています。

 

特に脇からニオイの強い汗が大量に出てきます。

 

そうすると臭っちゃうワケなんですよね。

 

授乳中の脇汗と臭いの対策

 

授乳中に使うものは赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。

 

授乳中にも安心な脇汗と臭いの対策についてご紹介します。

 

免疫力を高める

 

産後は不規則な生活や睡眠不足などが重なり免疫力が低下します。

 

免疫力の低下はニオイの元になる細菌に対する抵抗力が落ちたり

 

身体の老廃物を外に出しにくくします。

 

細菌は老廃物をエサにするので体の中に老廃物がたまっていると

 

ニオイを悪化させてしまいます。

 

といっても産後のまだ赤ちゃんが小さいうちは、睡眠時間を確保するのも至難の業ですよね。

 

私も産後は寝ながら授乳していた記憶があります。

 

 

そのうち夜泣きが始まってますます寝られなくなって・・・

 

産後のママは本当に大変ですよね。

 

産後脇汗,授乳中脇ニオイ

 

私が気を付けていたことは身体を冷やさないことです。

 

靴下は欠かさない、忙しくても湯船につかる。

 

あとはなるべく睡眠を確保したり和食中心の食生活を心がけたり

 

これだけでも免疫力は高くなるんですよ。

 

 

こまめに汗を拭く

 

汗をかいたままにしておくと細菌が繁殖しやすくなります

 

細菌は分解の過程で腐敗臭や刺激臭を発生するので強烈なニオイになるんですね。

 

汗をかいたらこまめに拭きとるようにすれば

 

ニオイの元である細菌を殺菌できるので臭いは軽減できます。

 

殺菌消臭効果の高いデオドラントシートが便利です。

 

 

安心で効果の高いデオドラントを使う

 

一番てっとり早い方法が消臭デオドラントの活用です。

 

出産後といっても検診などで人と会う機会がありますよね。

 

そんな時に脇の臭いを気にしていたらせっかくの外出も楽しめません。

 

また臭いを気にすればするほど脇汗が出て、ニオイも強くなります。

 

消臭殺菌効果の高いデオドラントを使って安心に過ごしたいです。

 

もちろん赤ちゃんのお世話をしているのですから成分には充分注意したいですね。

 

産後は大変ですが授乳中など赤ちゃんのお世話は幸せな時間でもありますよね。

 

そんな時に脇汗や臭いに悩むなんてもったいないです。

 

でも大丈夫!きちんと対策をすればニオイは気にならなくなりますよ。

 

乳首からワキガの臭い?!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。