menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

歯肉炎,歯槽膿漏

歯肉炎」や「歯周病」という言葉を耳にしたことがあると思います。

この二つの違いはなんでしょうか?

 

歯肉炎と歯周病の違いについてまとめました。

歯肉炎とは

 

歯肉炎とは歯茎が腫れる軽度の炎症のことです。

 

歯磨きをしなかったり、きちんと歯の汚れがとれないと歯垢が取り除けずに炎症が起きます。

 

またホルモンバランスや免疫力の低下で、口の中の細菌を殺菌できずにいると歯肉炎が起こります。

 

まだ歯の周囲の歯茎の炎症にどとまっている状態なので

 

早く対処すれば元の健康な歯茎に戻れることが多いです。

歯周炎とは

 

歯肉炎を放置して歯茎だけでなく

 

歯を支える骨まで炎症が広がってしまった状態が歯周炎です。

 

炎症によって骨が溶けはじめているので元の状態に戻すことは困難です。

 

また進行すると膿によって強い口臭を発生させることもあります。

 

初期の歯周炎では原因となっている歯石や歯垢を取り除くことからはじめます。

 

また自宅での歯磨きなどのセルフケアと合わせて行うことで改善を目指します。

 

もう少し進行した状態では、

 

歯周ポケットを小さくして炎症を治す外科的処置が用いられます。

 

重度になると歯が抜け落ちてしまうか抜歯をすることになります。

 

歯肉炎,歯槽膿漏

歯槽膿漏と歯周病の違いについて

 

よく耳にする「歯槽膿漏」と「歯周病」は違うのでしょうか?

 

結論からいうと、「歯槽膿漏」と「歯周病」は同じものを指しています。

 

歯槽膿漏とはその漢字の通り「歯槽から膿が漏れる

 

重度の歯周病をあらわす言葉です。

 

まだ歯周病の原因が歯周病菌ではなく、老化だと思われていたころに

 

「歯槽膿漏」と呼ぶことが多かったようです。

改善方法や治療について

 

歯肉炎や歯周病はどのように治療し改善していくのでしょうか?

 

歯肉炎

 

歯肉炎は歯の周りの歯茎だけに炎症が起きている状態です。

 

自宅でのケアや歯科医院での歯石の除去を続けていくことで、

 

炎症をなくし元の健康な歯茎に戻すことが可能です。

 

歯周病予防の歯磨き粉や洗口液を使用したり、

 

正しい歯磨き方法を実践することも歯肉炎の改善につながります。

 

歯周炎

 

歯肉炎を放置し歯周炎まで進行した状態では、

 

歯磨きだけで改善することは難しくなります。

 

軽度は歯周ポケットを小さくして炎症を治す

 

歯周ポケットそうは術」と

 

歯茎を切開いて歯周ポケットの歯石をきれいに取り除き

 

歯茎を戻して縫い合わせる「フラップ手術」によって改善を目指します。

 

中度になると、人工素材の膜やジェル状のタンパク質で歯槽骨を再生する外科治療が行われます。

 

歯周病菌,虫歯菌

重度になると外科的処置による改善は難しく、

 

歯が自然に抜け落ちるか、抜歯になることが多いです。

 

歯周病は痛みなどの自覚症状があらわれにくく、

 

強い口臭や歯のぐらつきによって気づくことが多い病気です。

 

症状が現れた時にはかなり進行していて、

 

歯科医院での大掛かりな治療が必要になります。

 

虫歯がないからと安心せずに、

 

定期的に歯科検診を受けて歯周病の原因となる歯石の除去をすることが大切ですね。

その臭い歯周病かも?今すぐチェック!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。