歯周ポケットが深いと強烈な口臭が発生します! | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

歯周ポケットが深いと強烈な口臭が発生します!

歯周ポケットの深さは歯周病の進行と関係しています。

歯磨きをきちんとしていても、虫歯がなくても、
歯周ポケットが深くなると強烈な口臭が発生します。

歯と歯茎の間にできた溝を「歯周ポケット」といいますが
ポケットが深くなると細菌が奥まで入り込み骨を溶かしていきます。

深ければ深いほど歯周病が悪化しているということです。

この嫌な口臭をなくすには歯周ポケットを浅くしていく必要があります。

歯周ポケットの改善方法とケアについてお伝えします。

歯周ポケットが3ミリまでなら毎日のケア

歯磨きを意識する

歯周ポケットが浅いうちは意識して歯磨きに取り組むことで改善することが可能です。

一度自分のクセを確認して、

磨き残しの多いところや歯ブラシがあたりにくい場所は

重点的に磨いていくことが大切です。

特に奥歯は歯ブラシが届きにくく、歯周ポケットが深くなりやすいです。

鏡を見ながら1本ずつ丁寧に磨きましょう。

1本あたり20回を目安にできるといいです。

デンタルフロスや歯間ブラシを取り入れる

歯と歯の間や歯と歯茎の間に食べかすや歯垢がたまると歯周ポケットを深くしていきます。

歯が重なっていたり、歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは落としきれません。

歯ブラシで磨いた後は、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。

特に奥歯につまった食べかすは取りにくいので、フロスを入れるとこれでもかとカスがでてきてびっくりしますよ!

口臭,臭い

歯周病予防アイテムを活用する

いつもの歯磨きに予防アイテムをプラスすることで殺菌効果がアップします。

殺菌効果のある歯磨き粉やデンタルリンスを歯磨きの最後に加えることで磨き残しによる細菌を除菌することができます。

また口臭が気になるなら口の中の細菌を除菌するタブレットやジェルもおすすめです。

歯周ポケットが4ミリ以上ならプロのケア

歯医者さんでの歯石取り

歯周ポケットが4ミリを超える深さになってくると、歯ブラシが届かないので自分で歯石をとるのは難しくなります。

歯医者さんでの特殊な器具で歯肉の奥の歯石や汚れを取ることが必要になります。

歯医者さんでは歯周ポケットの深さを測定してくれたり、

歯磨きのクセを知ることもできるので一度受診してみるといいですね。

外科的治療

歯医者さんでのクリーニングを終えても改善が認められない場合は

歯茎を切開して汚れを取り除く外科的治療になることがあります。

すでに歯周病はかなり進行していて、歯を支える骨が溶けている可能性が高いです。

状況によっては抜歯を選択することになります。

歯周ポケットは自覚症状のないまま、どんどん深くなっていきます。

細菌が奥まで入り込み毒素を出しながら骨を溶かします。

この毒素から強烈な腐敗臭が発生し、口の臭いとして外に吐き出されてしまうんですね。

歯がぐらつく、歯茎から出血するなどの症状を感じる頃にはすでに抜歯するしかないといった状況も珍しくありません。

歯の違和感や口の臭いを感じているなら、歯周ポケットが深くなっているかもしれません。

歯周ポケットが3mmってヤバい?