menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイを簡単に治す方法

舌苔がすぐつくのはナゼ?舌磨きでニオイは消える

すぐつく,舌苔がすぐつく

舌苔を磨いたのにすぐまた白くなる・・・

 

どんどんひどくなっている気がする・・・

 

それって舌の磨き方が間違っているかもしれませんよ?

 

舌苔がすぐつく理由と対策についてまとめます。

 

舌苔とは?

 

舌の表面はじゅうたんのような糸状乳頭でおおわれています。

 

その糸状乳頭に食べかすや細胞の死骸などが入り込み細菌を集めます。

 

細菌が繁殖した状態がうっすら苔が生えたように見えるため「舌苔」と呼びます。

 

健康な人にも舌苔はありますが、厚く白くなった舌苔は口臭の原因になります。

 

舌苔がすぐつくのはナゼ?

 

舌は糸状乳頭という絨毯のような毛でおおわれています。

 

その隙間に食べかすや細菌が繁殖することで舌苔が厚くなります。

 

舌磨きを何度もすることでこの糸状乳頭に傷がつき舌の角化が進みます。

 

また傷ついた細胞に細菌が集まってくるため、

 

さらに舌苔が厚くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

舌磨きによって舌の表面の汚れは落とせますが、

 

糸状乳頭に入り込んだ細菌や汚れまでは落としきることができないので、

 

舌苔から臭いが発生してしまいます。

 

歯をよく磨く人でも口の中には1000億個の細菌が存在しているといわれています。

 

それは舌苔だけでなく、歯や歯茎、歯周ポケット、喉などあらゆるところにいます。

 

舌ブラシで舌の表面をきれいにしても、口の中に無数の細菌が繁殖している状況では

 

すぐに舌苔が発生し舌をきれいに保つことができません。

 

すぐつく,舌苔がすぐつく

 

また舌苔ができやすい人によく見られるのが口の中が乾燥していることです。

 

唾液は細菌を洗い流す働きがありますが、何らかの理由で口の中の唾液量が

 

減少していると、細菌が活発になるので舌苔ができやすくなります。

 

舌苔を増やさないためには、これらの症状を改善して口の中を清潔に保つことが必要です。

 

口の中を清潔に保つ方法には?

 

・口の中を乾燥させない

 

口の中が乾燥するとネバネバしたり口臭が発生しやすくなります。

 

唾液の分泌量が低下することで口の中の細菌が繁殖しやすくなります。

 

唾液を出しやすくする食べ物を食べたり、水分を補修したり、唾液腺をマッサージすること

 

で唾液の分泌量を増やすことができます。

 

・正しい舌磨き

 

舌苔を除去するために舌を磨く人は多いですよね。

 

しかしこの舌磨きの方法が間違っているためにさらに舌苔が増えてしまうことがあります。

 

舌磨きを頻繁に行うことで、舌の表面に傷がつきます。

 

舌を磨くのは一日一回で十分です。

 

また歯ブラシでゴシゴシ磨くと傷が付きやすくなるので専用の舌ブラシを使ったり

 

柔らかいガーゼで優しくふき取るようにしましょう。

 

・細菌の殺菌

 

唾液を出したり正しく舌を磨いたりすると口の中がきれいになります。

 

しかし厚くなってしまった舌苔はちょっとやそっとではなくなりません。

 

また舌苔が改善するまでは強烈な口臭を発生していることが多いです。

 

舌磨きをしても舌苔がすぐできるという方は、口の中の細菌を殺菌すること

 

効果的に口腔環境を保つことができます。

 

私はこれでクサイと言われなくなりました!

 

 

鏡を見た時に舌が真っ白だと焦りますよね?

 

白い舌は確実にクサイ息を吐きだしています。

 

正しい方法でさっそく対策してくださいね!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。