チチガはお風呂で対策できる?!知っておきたい正しい洗い方 | 口臭の治し方!びっくりするほど簡単にきれいな息に!

チチガはお風呂で対策できる?!知っておきたい正しい洗い方

胸の谷間からツンとした刺激臭がするんですよね?

ブラジャーをはずすと黄ばんでいてクサイんですよね?

これはおっぱいのワキガで「チチガ」といいます。

最近、このチチガに悩む女性が増えているんです!

このチチガはお風呂の入り方を工夫するだけでもかなり臭いを消すことができるんです。

私が実践して効果があった方法についてお伝えします。

チチガとは?

乳首の周りの乳輪部分のワキガのことをいいます。

チチガ特有のツンとした刺激臭が特徴で、なめると苦みがあります。

おっぱいを飲んだ乳児の口から臭いがしたり、パートナーから指摘されたりして気づくことが多いです。

チチガの原因は?

チチガは乳輪部分のアポクリン汗腺から発生した汗に、

皮膚に常在している細菌が反応して臭いを発生させます。

このアポクリン汗腺の数が多いほど臭いが強くなります。

アポクリン汗腺の数については遺伝であったり、生まれつきであることがほとんどです。

また汗をかきやすいと臭いが強くなるといわれています。

チチガってどんな臭い?

チチガのお風呂での正しい洗い方

チチガの臭いは細菌によって引き起こされます。

臭いを消すためにはお風呂で洗い流すことが大切になります。

シャワーで十分に流す

お風呂に入る前に臭いの元になっている細菌をしっかりと流します。

湯船につかる

次に湯船につかって汚れを落としやすくします。

特に暑い季節はシャワーだけで済ましてしまいがちですが、

しっかりとお湯につかることで体に中にたまっている悪い汗を出しやすくすることができます。

チチガ洗い方

専用のデオドラント石鹸で洗う

チチガなどのワキガは普通の石鹸では落とせないという特徴があります。

これを知らないとただゴシゴシ洗うだけで臭いが落ちたと勘違いして

お風呂上がりなのに臭ってしまうということになります。

チチガ臭を落とすには専用の洗浄剤を使う必要があるんですね。

私はジャムウソープを使っています。

モコモコの泡を立てて気になる部分を泡でおおい、3分程度パックすると

臭いの元にアプローチしてしっかりと殺菌消臭することができます。

パックがめんどうに感じてしまうかもしれませんが、その効果は絶大です!

しっかりとすすぐ

泡パックがすんだらたっぷりのお湯で洗い残しのないようにしっかりとすすぎます。

ここで十分にすすがないと、肌に残った成分で肌荒れが起こってしまうことがあります。

大切な予定の前にはお風呂でケアを!

これから大切な予定があることがわかっているのなら

お出かけの前にお風呂で乳輪のケアをすることでチチガの臭いを消すことができます。

湯船につかったら乳輪部分をもみほぐします。

そうすると汗腺に詰まった臭いの元を出すことができるので、

臭いを軽くする効果が期待できます。

乳輪部分はデリケートなのであくまでも優しく!

力をこめたり爪を立てたりすると黒ずみの原因にもなりますので注意しましょう。

もし湯船につかる時間がないのならシャワーだけでも効果があります。

その場合は専用石鹸でモコモコの泡を作り、パックすることをおススメします。

シャワーを浴びる時間もない!という場合は、乳輪の周辺をふきましょう。

ぬらしたタオルかデオドラントシートが便利です。

入浴ほどの効果はありませんが、何もしないよりはマシです。

チチガは自分だけでなくパートナーも悩ませてしまいます。

でもしっかりと対策すれば簡単に臭いは解消できるんですよ!

もう乳首がクサイなんて言わせない!