menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイをきれいにしたい!

フロスや歯間ブラシが臭い!とれないニオイの原因と今すぐはじめたいこと

歯間ブラシ臭う

歯磨きの仕上げにフロスや歯間ブラシを使う人が増えてきましたね。

 

私はもう15年以上前からフロスを使っていますが、その当時フロスや歯間ブラシを知っているとか使っているという人はまわりにいなかったので、ずいぶん歯の健康への意識が高くなったんだなあっと実感しています。

えっ?フロスってなに?と思ったあなたに簡単に説明しますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リーチ デンタルフロス ワックス 50m
価格:726円(税込、送料別) (2018/7/17時点)

 

 

ドラッグストアの歯ブラシコーナーでこういった商品を目にしたことはありませんか?これがフロスです。中に糸ようじの先の糸の部分が巻かれています。

 

歯と歯の間とか奥歯の隙間、歯並びが悪い場所で歯ブラシが届かないところには歯垢がたまりやすくなりますね。歯垢はやがて歯石になり、虫歯の原因や歯周病を進行させてしまいます。

 

その歯ブラシではきれいにできない場所に入れて効率的に歯垢を落とすことができるのがフロスや歯間ブラシです。フロスは糸状になっていて指に巻き付けて歯をこすりながら歯垢を取り除きます。

 

日本でも昔からありますが、一般的に普及してきたのはここ数年ですね。いまだにフロスや糸を使ってる?なんて話をすると、きょとんとしているママ友も少なくないのが現実です。

 

フロスや歯間ブラシが臭い!でも焦らないで!

旦那口臭伝え方

フロスや歯間ブラシを使い始めて「アルアル」なのが、フロスや歯間ブラシについた臭いが強烈でびっくりしたという声です。

 

実は私もはじめはフロスの臭いがすごすぎて、自分の口からこんな悪臭が放たれているのかと落ち込みました。でも大丈夫ですよ。実はフロスや歯間ブラシでとれるのはたまった歯垢。臭いのは当たり前のことなので。

 

フロスや歯間ブラシを習慣にしていけば臭いがなくなっていきますし、一緒に使うことで歯ブラシが届きにくい歯と歯の間にできてしまう、虫歯や歯周病を予防することができるアイテムもあります。

 

フロスや歯間ブラシの強烈な臭いにショックを受けているあなたへ、その臭いの原因や効果的な対策についてお伝えしようと思います。

 

フロスや歯間ブラシが臭いのは虫歯?歯周病?それとも?

歯間ブラシ臭う

歯をお手入れした後のフロスや歯間ブラシからなんともいえない悪臭がしていたらショックです。もしかして虫歯なのか?それとも歯周病なのかと疑ってしまいますよね。

 

フロスや歯間ブラシの臭いの原因はふたつに分かれます。

 

歯に付着した歯垢

 

フロスや歯間ブラシの臭いを発生させている原因は歯ブラシが届かない場所についた歯垢の臭いの可能性が大です。そしてみんなも臭いということ。歯ブラシだけでは歯の汚れの6割も落とせないといわれています。どんなに丁寧に時間をかけてみがいても、必ず磨き残しは出てきてしまうんです。

 

歯垢は食べかすですから口の中で腐敗していきますよね。その腐敗臭がフロスにつくとあの嫌な臭いになります。なので面倒でも毎日の歯磨きでフロスを使ってしっかりと取り除いてあげる必要があります

 

歯周病

 

歯垢が原因のニオイなら最初は強烈でも使い続けていくうちにだんだんと臭いが治まってくるのが普通です。でも臭いに変化がなかったり、むしろ臭いが強くなったと感じるのであれば歯周病の可能性が考えられます。

 

歯周病はいまや20歳以上の成人の約8割がかかっているともいわれる国民病です。歯周病菌によって歯を支える骨がとかされ、悪化するとやがて歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病菌は食べかすや歯垢を分解する過程で「メチルメルカプタン」という悪臭を発生させます。それがフロスについて臭くなるというわけです。

 

歯周病は別名をサイレントキラーといいます。痛みや違和感などの症状がないまま静かに進行していき、気づいた時には歯を支える骨が溶け始めて歯が抜け落ちてしまう怖い疾患です。もしフロスや歯間ブラシを継続しているのに臭いが改善されない場合歯周病を疑ってください

 

そして自分の歯を残すためにも早いうちに歯科医院で検診を受けることを強くおススメします。

 

歯周病かも?でも今すぐ歯医者さんに行けない時の対策

 

そうはいっても歯が痛いわけでもぐらついてもいない・・・。それだと今すぐ歯医者さんへ行こう!って気持ちにならないですよね?そのうち行こうと思っていても仕事が立て込んでいたり、小さな子供を連れての受診は大変であまり気がすすまない。私もそうでしたからよくわかります。

 

でも歯周病は待ってくれません。放置すれば高い確率で歯を失います!そんな時はセルフケアで歯周病対策ができるアイテムを普段の生活に取り入れましょう。

 

私が愛用しているのはシシュテックです。歯磨きの後にこれで口をすすぎ、フロスや歯間ブラシにもつけて磨きます。これがはっきり言って効果抜群

フロス臭い原因

数日も使えばフロスの臭いがなくなってきているのがわかりますよ。

 

シシュテックは歯周病予防用に開発された医薬部外品の洗口液です。数々の雑誌でも紹介されていてその満足度は94.4%!

 

使い方は簡単!フロスや歯間ブラシにちょっとつけていつも通りに使うだけ。これなら時間がなくても続けられます。

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』を77%オフでお試ししてみる!

 

まとめ

歯磨きすぎると口臭

フロスや歯間ブラシをはじめて使うとあの強烈な臭いにショックを受けます。

 

でも焦らないでください。きちんと続けていけばやがて臭いはなくなっていきます。

 

もしも続けていっても臭いがなくならなかったりかえって強烈になっていくようであればそれは歯周病のサインかもしれません。

 

自分の大切な歯を失わないためにも早めの対策をおススメします。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。