menu

口臭いし足の裏も臭い!40代の気になるニオイをきれいにしたい!

40代で歯がボロボロな女は残念?!今すぐあなたができること

40代歯がボロボロ女

40代で歯がボロボロの女ってちょっとひきませんか?

入れ歯はかろうじて阻止してますが、神経のない歯が多く差し歯もある私の歯。

もともと虫歯になりやすく、若いころに歯磨きをきちんとしなかったこともあって、かなりボロボロの歯でした。

おまけに口が臭いなんていわれるようになってしまって・・・。

虫歯は(たぶん)ないのでこの臭いがどこからきているのかわからないし、そもそも臭いがしていることすら自分ではまったく気づきませんでした。

ボロボロの歯を見られるのが恥ずかしくて、なかなか歯医者さんにいけなかったのですが、最近差し歯がグラグラするようになってしまって。

もう恥ずかしいとかいってられなくなってしまって、歯医者さんに行くようになったのが2年前でしたね。

それから2年間、歯医者さんへの定期検診と自分でできるセルフケアをがんばりました。

あきらめなくてよかった!今では人前で口をあけて笑えるようになりましたよ。

40代で歯がボロボロだと抜歯?入れ歯?

40代歯ボロボロ入れ歯

前歯の3本は神経がなく2本の連結差し歯と単体の差し歯になっています。

単体の差し歯の方はもともと残っている部分の歯が短くて、差し歯に負担がかかるのでグラグラしてしまうんだそう。

フロスを入れるとそのフロスから便のような腐敗臭のような臭いがするのが気になってはいたんです。

グラグラしているということは歯と差し歯の間にすきまができているので、そこに食べかすがたまって腐敗臭を発生させているといわれました。

これを改善するには2本連結の差し歯と単体の差し歯をくっつけて3本連結の差し歯にするしかないんだそう。

ここで問題発生!差し歯をはずすときに土台の歯(自分の残っている歯)の根っこが衝撃で割れてしまうことがあって、そうなると抜歯になってしまいます。

こればっかはやってみないとわからないということなのですが、もし抜歯になってしまったらブリッジか部分入れ歯かインプラントの選択になるとか。

いやいや前歯の入れ歯ってどんなんなの?それに40代で入れ歯なんて・・・ショックでしたね。

40代で歯がボロボロな女は歯周病もうたがってみるべき!

40代歯がボロボロ女

私が今も抜歯をせずに入れ歯も阻止できている理由は、定期検診はもちろんですが自宅でのセルフケアのおかげです。

続けていることは歯磨き、フロス、そして歯周病予防ケアです。

この中でも歯周病予防にはかなり気を使っています。

もともと歯の質が弱く虫歯になりやすいので歯磨きはかなり丁寧です。でも歯医者さんいわく、30~40代以降で歯を失う原因のほとんどが歯周病によるものだそう。

これはどんなに丁寧に歯磨きをしていても、ケアをしなければ歯周病は防げないんです。

私の前歯の差し歯も根っこがだめにならなくても歯周病になってしまえばもう抜くしかないから気を付けてください、と常にいわれています。

歯周病は歯周病菌という菌が歯の土台の骨を溶かしていく病気ですが、こわいことに痛みや違和感がなくどんどん進行していきます。

歯がぐらついたり歯茎から出血して気づくことが多いのですが、こうなってしまうと時すでに遅し。

歯茎を切開して歯周病菌をなくす大変な治療をしたとしても完治はほぼ不可能。いずれ歯が抜けてしまうか抜歯になります。

ただ歯医者ってそんなに頻繁にはいけませんよね?よくて3か月に1度、うっかりするとあっという間に半年・・・。

その間にも歯周病は進行してしまうので、一番大切なのは自宅でのセルフケアになると主治医の先生もいってます。

40代で歯がボロボロな女だった私が入れ歯にならなくてすんだワケ!

40代歯がボロボロ入れ歯

40代で歯がボロボロな女で歯磨きがすごく上手ってことはまずありえません。だって歯磨きがきちんとできていたら40代で歯がボロボロになるワケないですから。

歯磨きって自分のクセがでやすいので、いつも同じところが磨けてないんです。歯医者で歯を液体で染めて歯磨きのチェックをすると、いつも同じところが真っ赤に染まってしまうって経験ありませんか?

歯ブラシだけでは6割しか汚れがとれないといわれるのはそのクセのせいです。なので私は歯周病予防できるきちんとした成分の入ったデンタルリンスを習慣にしています。

これがほんとにいい!液体なので歯ブラシが届かないところまでどんどん届きます。ただブクブクするだけなので手軽。なにより歯周病菌に作用する成分がしっかりと入っています。

しかも歯の着色もケアできる優れものです。

40代で歯がボロボロな女だった私の救世主はコレ!

40代で歯がボロボロな女でも入れ歯にするのは最後の最後で!

40代歯がボロボロ入れ歯

私は結婚していますが自分の歯がボロボロすぎて主人や子供にも見せられませんでした。

だから子供の歯磨きにはかなり気をつかっていますし、3人とも1歳のころから予防歯科に通っています。

虫歯になったことがないから痛い治療もしたことがない子供たちは歯医者さんが大好きです。

3か月に1度の定期検診でもかかる費用は微々たるもの。私なんて今まで歯の治療にかかった費用で新車が買えますからね。

歯のことを考えてうつっぽくなったこともあったし、口の臭いが気になってひきこもり状態でしたし。

後悔しても悔やんでもどうにもなりません。だから自分でできるケアを頑張りました。気づいたのが40代で本当によかった。

これが50代だったらすでに総入れ歯になっていたかもしれませんから。

いくら歯医者さんに通っても自宅での毎日のセルフケアができていないと、虫歯や歯周病は防げません。

入れ歯にするのは最後の最後です。1軒目の歯医者さんで入れ歯しかないといわれても、2軒目、3軒目、あきらめずに話を聞いてみましょう。

そしてこれ以上自分の歯を失わないためにも、自宅でのセルフケアは一生続けていく必要があります。

さあ、あなたも今すぐはじめましょう!

40代のボロボロの歯でもまだ間に合う!あなたが今すぐすべきセルフケア!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。